ベンチャーか大手か!?これから就活する人へ

こんにちは、とらおです。

ブログを書き始めて約2週間とちょっと。。

今月の目標は1000PVを目指します!笑

 

今日は最近よく話題になる「ベンチャーか大手か」の話題について、

個人の視点から書いていこうかと思います。

 

■そもそも何が違うの?

多分皆さんはいろいろな意見があると思いますが、

一般的に言われるのは

大手   :安定している

ベンチャー:成長できる

大雑把に分けるとこんな感じです。

それぞれ、忙しいとか給料が良いとかメリット・デメリットもありますが、

一旦それは置いときましょう。

 

■どちらに行くべきか

これは非常に難しい問題ですが、

結論から言うと【個人の考え方次第】です。

例えば、私の考え方を話しましょう。

 

■安定とは何か

私が就職活動の時に一番最初に考えたのは「安定」についてです。

もちろん、誰しも安定した場所にいるのが安心するし、

安心を求めるのは必然だと思います。

しかし、これは安心を誰に求めるかが一番重要な論点になります。

私は安定を自分に求めました。

この安定を企業に求める人達がいわゆる大企業組だと私は考えています。

では、自分に安定を求めるというのはどういうことなのか?

これはスキルです。

要は社会に求められるスキルを身につけることこそが安定だと感じたからですね。

 

■なぜ企業に安定を求めなかったか

じゃあなぜ私が企業に安定を求めなかったのか。

それは、企業に属することが自体を安定だと感じなかったからです。

10年前、JALパナソニックが今のような状態になることを誰が予想できましたか?

恐らく当時入社した人たちは「ここなら潰れない、リストラはない」と考えて入社したはずです。

それが今はどうですか?

パナソニック松下幸之助さんが終身雇用という今の大企業の基盤となるものを創りだした会社ですが、そのパナソニックでさえリストラを実行しました。

そんな世の中で会社に安定を求めるのっておかしくないですか?

信じていいのは会社ではなく、自分のスキルや知見。

どこの会社に行っても通用するスキルを身につけることこそが安定だとは思いませんか?

私はそういう考えのもと、ベンチャーを選択しました。

もちろん、親に言われる、世間体などもあるでしょう。

しかし日本のビジネスのあり方は確実に変わっていきます。

どこで働いているかではなく、何が出来るか、が重要になってくる日は絶対に来ます。

AIの発達が騒がれている今、誰にもできる作業は確実に減ってきています。

その中で生きるためには、やはり手に職をつけることが重要なんじゃないのかと、常々思っています。

 

■就活生へ

これから社会人としてのファーストキャリアを作る皆さん、

将来やりたいことがないからとりあえず大手に行くという考えは絶対選択しないで欲しいです。

やりたいことなど持っている学生の方が稀であって、たいていの学生はやりたいことなどわかりません。

しかし、その中でどうやって生きていきたいのか、は少なからずあると思います。

会社に縛られたくない、偉くなりたい、社長になりたい、残業なしで帰りたい、

少なからず誰にでもある考えです。

そういう大きい枠組みから考えていけば必ず自分が働きたいと思える会社があるはずです。

しっかりと自分の考えを持って就活に臨んでほしいですね。