読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活で「コミュニケーション力」が重視される理由を簡潔に説明する。

就活の面接において、最も重視される能力は相も変わらず「コミュニケーション力」だ。

経団連の調査によれば、現在では約9割近くの会社が選考において「コミュニケーション力」を重視している。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-11-51-55

(出典:https://www.keidanren.or.jp/policy/2014/001_gaiyo.pdf

おそらく、今後もこの傾向はあまり変化しないだろう。

限られた時間の選考でコミュニケーション力を適切に判定できるかどうかはともかくとして、コミュニケーション力を重視する会社が多いのにははっきりとした理由がある。

 

だが、その前に「会社が求めるコミュニケーション」とは何かを明らかにしなければならないだろう。

なぜなら、多くの学生はそれを少し誤解しているからだ。

 

例えば「自分のコミュニケーション力が高いことを証明するエピソード」を求めると、大抵の学生は

「会話を盛り上げるのが得意です」

「友達がたくさんいます」

「初対面の人とも気後れせず話せます」

そういったことをアピールする。

 

そう言うアピールをする学生の気持ちはわかる。

なぜなら、彼らにとっての「コミュニケーション」は、それしか存在しなかったからだ。

「一緒にいて楽しい」

ということが、学生にとって必要なコミュニケーション力の本質である。

 

だが、企業におけるコミュニケーションの目的は「一緒にいて楽しい」ではない。

「一緒に仕事をして成果が出る」なのである。ここが企業と学生が大きくボタンをかけちがっているところだ。

 

 

では「一緒にいて成果が出る」ためのコミュニケーション力、すなわち企業が必要としているコミュニケーション力とは何か。

それは「自分のアウトプットを誰かに利用してもらうための力」だ。

 

例えば、プログラマーになったとしよう。手元で作っているプログラムはそのままお客さんに売ることはできない。

作っているのは大きなソフトウェアの一部であり、これを社内の誰かにわたして、うまく利用してもらい、最終的にお客さんに届けなければいけない。

そして「誰かに渡す」ためには、必ず高度なコミュニケーションが必要になる。

「どのように使うか」

「注意点は?」

「どのように品質を担保しているか?」

「何を目的として作ったか?」

そう言った取り決めがなければ、あなたのアウトプットはうまく利用されない。すなわち「成果が出ない」ことになる。

 

別の例えをしよう。

あなたが営業用のチラシを作っているとする。

ただ、これを使うのはあなただけではない。同僚、上司、他部門の人、社長が使うかもしれないし、他社の人が更に他の人に製品を紹介するために使うかもしれない。

そう考えれば結局「あなたのアウトプットを他の人がうまく利用できるかどうか」はとても重要だ。

「チラシを誤解なく使えるかどうか」

「表現はチラシを使う人が理解しやすいか」

「初めてこれを見る人が正確な理解をできるか」

「これを持っていく営業マンが、顧客の興味を喚起できるか」

そう言った事はすべて、「コミュニケーション力」を必要とする仕事である。

 

 

極端なことを言えば、「自分の作ったものが、そのまま売れる」ときには、あまりコミュニケーション能力は必要ない。

例えばわたしの家の近所のラーメン屋に、死ぬほどうまいところがあるが、そこの親父はコミュ症だ。

 

だが関係ない。ラーメンを作るのは親父一人だし、私がそれを食べることはだれに教わらなくても可能だ。

 

 

 

現代社会は高度な知識労働者を必要とし、知識は専門特化した時にこそ、活かされるものだ。

すると必然的に仕事は分業となる。

すなわち「アウトプットを誰かに利用してもらわなければ、何一つ成果を生み出せない」ということになる。

 

「知識労働」は本質的にコミュニケーション能力が高いことを要求する仕事になっている。

上手なコミュニケーションをとることは、実は成果を生み出すために必須の仕事なのだ。

 

だから「コミュニケーション能力はあったほうがいい」ではない。

「コミュニケーション能力が高くないと、仕事ができない」のである。

 

コミュニケーション能力の低い人は、知識労働に向かない、という事実こそが、企業が就活において「コミュニケーション力」を求める真の原因なのである。

 

 

就活意識高い系(笑)の落ちる奴の特徴

こんばんわ、とらおです。

久々のブログ更新です。最近仕事の方が忙しくなったりインフルエンザに掛かったりで中々更新ができていませんでした。

 

さて、最近SNSを見ていると就活中に出会った意識高い系(笑)の奴らがFBを更新して、内容が妙にムカついたので意識高い系の奴らをディスろうかと思います。笑

 

先にムカつく理由だけ箇条書きでまとめますね。

SNSが語り口調

・自分頑張ったけど中々結果出ません(悲劇のヒロインアピール)

・喋ってて頭悪そう

・遣りたいことが見つからなくてツライ(みんなおんなじです)

・無駄に就活イベントに行きまくる

ざっとこんな感じですw

一番むかつくのはみんな同じように通ってきた道をまるで自分しか通っていないかのように、且つ悲劇のヒロインアピールをしているのは腹が立ってしょうがないです。(そんな更新をしている暇があるならもっと出来ることはあるだろうと)

 

次に奴らの特徴を書きますね。

①雰囲気だけで努力しない

②自分に酔っている

③言葉だけで行動が伴わない

 

まあおっきくこんな感じですね。特に就活の終わらない人たちはこれに加えて自分で思考することが極端に少ないと感じますね。要するに人の話を聞くことで満足している気がします。(だから何度も就活イベントに行きまくります。)

 

こいつらが一番勘違いしているところは共通しているのかなとも思っていて、それはコミュニケーションだけで受かると思っていることです。たまに説明会だけでも一番前に座ってめっちゃ頷いている人達いるじゃないですか。

 

ああいう人達めっちゃ嫌いで全員落ちればいいと思うんですよね。僕から見れば必要以上に大袈裟に頷く人たちは不自然なんですよね。普通に生きていてあんなに頷くことなんてまずないじゃないですか。

 

そんなところでポイントを稼ごうとしているから落ちるんですよ。笑

もちろん頷くことが悪いんじゃなくて、必要以上に(不自然なほどに)首を振る必要がないってことです。

 

コミュニケーションは普通に人と話せて、物事の説明とか説明の仕方とかをしっかりできていれば問題ないと思っていて、必要以上に人と仲良くなれる能力のことではないと思うんですよね。

 

そこを勘違いしている人が非常に多いんじゃないかなと思っています。大体グルディスとかやらせると一発でわかりますけどね。

 

あともう1点、グルディスのところですが、ここでも意識高い系(笑)にやめてほしいことが有ります!あれってグループでの議論になるので一人でもわけのわかんないことをいう人がいると議論自体の質が下がってしまう可能性が非常に高いんですよね。

 

実体験で幾つかそういうことが合ったので、一応書いておきました。これは意識高い系だけじゃなくてただ単純に頭の悪い人にたいしてですね笑

 

 

なんかざっと書いてみたんですけどめちゃくちゃ性格悪い人みたいになっちゃいましたね笑

まあこんなことを考えていた土曜の夜でした!

またなんか書くので見て下さいね★

出会い系を使う人が日本で増えるためには

最近、卒論を書き始めました。

テーマは

【日本人(若者)のメディアリテラシーについて】

なんでこれが出会い系に繋がるのかはあとで説明しますね。

 

まずなんでこのテーマを選んだかというと、日本人は圧倒的に自分で考えることが少ないのかなっていうところが気になったからです。よく外国との違いが例にあげられますよね。

 

日本の教育はディスカッションが少くて、暗記がメインの教育だ、みたいなことです。そのとおりだと思います。そんなことを前提に考えていたら、もう一つ気になるところが出てきました。

 

それはメディアを信じすぎている、ということです。多くの人がそうだと思うのですが、基本的にテレビで発信されたことをそのまま鵜呑みにする人ってめちゃくちゃ多いと思うんですよね。皆さんの周りではどうですか?

 

でも、外国ってそうじゃなくてメディアって一つの意見に過ぎないんですよね。「テレビではこう言われているよね。で、貴方はどう思いますか?」みたいな。ここが日本とは全く違うところだと思うんですよね。

 

もうこの時点で自分で考えているか、という観点から差がでていますよね。例えばSTAP細胞があるかないかなんて誰にもわからないんですよ。ファクトが少なすぎるから。

 

でも日本では誰にも聞いても小保方さんは悪者扱いされていると思うんですよ。STAP細胞があるかないかは少し極端だったかもしれませんが、要はその報道を見て、どう考えたか、これが超重要だと思うんですよね。

 

日本ではこの考え方が欠落している人が多いと、そう感じたのでメディアリテラシー関連の卒論を書こうと思ったのがきっかけです。

 

じゃあ、なぜ出会い系に繋がっていくのか。

 

以前の記事を見ていただくとわかると思うんですが、ベーシックインカムとかちょっとニッチなことも書いていて、自分自身日本の今後とか将来のこととか考えるのも意外と好きだったりします。

 

それで、今問題の少子高齢化について。これは晩婚が進んでいて、子どもが減っている、結婚率が下がっているとか有ります。で、自分なりに調べていると結婚率が下がる理由に出会いの場所が少ないっていうのが多いなって思ったんですよね。

 

ここで閃きました!!

これっておかしくね?

世の中に出合い系とか街コンとかの企画が溢れているのに出会いの場所がないわけがない。そう感じた僕はメディアリテラシーとの相関性があるのではないかと思っています。(現在卒論執筆中のため結果は分かりません。)

 

外国ではわりとカジュアルにTinderとか使われているんですが日本ではあんまり流行っていない。それは出合い系って怪しい、っていう先入観が先に来てると思うんですよね。

 

でもそれって周りが怪しいって言っているから怪しいだけであって特に怪しい理由ってはっきりさせていないひとが多いと思うんですよね。

 

例えば、今ゼクシイでの出会いサイトがあると思うんですが、これのことを怪しいと思う人って少ないと思うんですよ。なぜならゼクシイは既にブランディングされているから。

 

これって判断軸が知ってるか知っていないかだけであってあまり正しい軸になっていないと思うんですよね。怪しい人はどこでにも平等に潜んでいると思うし、むしろそういう有名なところにこそいると思うんですよ。

 

じゃあどうやって出会い系を使わせるようにすればいいのか。やっぱり個人のメディア・リテラシーを高めることで、判断軸を自分で作れるようにするしかないと思うんですよね。

 

どうやってフィルタリングされているのか、どんなレビューがあるのか、どんな媒体に広告を出しているのか、他にも色々あると思うんですが、そういう軸を自分で作っていくことが必要だと思うんですよね。

 

そうすることで結婚率の低い理由にある「出会いの場が少ない」という意見は解決されて少しでも結婚率が上がっていくんじゃないかなって思って卒論を書こうと思っています。

 

ちなみに、Lip.Incという会社ではネットでの出会いに革命を起こそうということで「nine」というインスタグラムを使ったサービスを海外メインでローンチしているようなので是非是非革命を起こしてくれることを応援しています。

 

出会いやすいサービスを作るのか、出会うためのリテラシーを高めるのかの議論は鶏卵みたいな感じで平行線を辿ってしまうのかと思いますが、ネットを使っての出会いがもっと身近になれば少しは良い未来が待っているのかと密かに思っております。

 

ふとそんなことを考えた日曜日@サンマルクでした。

f:id:torao97:20160925143206j:plain

新卒が企業を給料で選ばなくなる未来は実現する

今年の6月にスイスで否決されたベーシックインカムの導入が日本でも物議を醸していますね。たまにテレビ番組で議論されているのを見かけます。しかしテレビを見る限りはこの議論の論点は常に導入をした時のメリット・デメリットを軸に導入が現実的か非現実的か、になっています。

 

まあ、これはしょうがないことでは有りますが、ここではもしベーシックインカムが導入された際にどういうことが起きるのか、それも若者が働くということに対してどんな変化が起きるのか、そこについて語っていきたいと思います。

 

ベーシックインカムについて

一応知っている人もいるかと思いますが、これについて前述しておきます。簡単に言うと、社会保障を全部なくして国民に一律の現金を給付することです。金額は恐らく日本では5万円~8万円といったところでしょう。

 

これは人間が最低限生活できると言われている金額です。これに対して、現在の老人は治療保険や生活保護、年金なども20万近くもらっている人が多いと言われていて、その人達を説得させるのが難しいなどといった理由で導入の可否が議論されたりしています。

 

ざっと概要はこんな感じですが、これ以降はもしベーシックインカムが導入された時に若者の働き方が大きく変わる、と思っているのでそれについて書きます。

 

■若者の会社えらびの基準が変わる

これ、いきなり最大のポイントです。

今までの就活生の会社選びの基準ってなんだったと思いますか?ネームバリュー、世間体、安定している(金銭的に)、とりあえず大企業、本音はこんな理由で就活している人がほとんどです。これらの理由の共通点ってお金なんですよね。

 

要するに安定した収入を手に入れたい、しかも名のある企業ならそんなに残業や休日出勤もないんじゃないか。そんな考え方が根本にあるんじゃないかなと思います。

 

なぜベーシックインカムを導入するとこの考え方、要は会社えらびの価値観が変わるのか。それは何もしなくても収入が手に入るからです。何もせずに常に毎月8万円が手に入る、年収でいうと96万円です。これが企業から提示される金額に上乗せされるのです。企業側としては労基の関係で提示金額を大幅に下げるのは難しい、そうなると満たされるものって恐らく金銭的な欲求ではなくなってくるのではないかと思っているんですよね。

 

もちろんそれにもましてお金がほしいからいいとこに就職して定年まで務め上げるぞ、みたいな人はもちろん出てくるとは思いますが、例えば、結婚して、子どもを二人作ったとして4人家族になったとしましょう。この場合ベーシックインカムでの収入が8万×4で32万、そして旦那さんが稼いでくるお金が手取りで30万だとしましょう。計62万です。別に金額的に問題無いですよね?恐らく子どもがいる家族であれば世帯収入は自ずとこのくらいに達するはずです。たとえ大企業の社員じゃなくても。。

 

そうなった時に働く人が何を考えるかというと、『何がしたい』かじゃないかと思うんですよね。先程は既に家族を持っている例をあげましたが、就活生も同じ原理で同じ考え方にたどり着くと思います。

 

であれば俳優になりたい、歌手になりたい、アニメーターになりたい、留学したい、色んな遣りたいことって出てくると思うんですよね。そういった意味でこれまでのように大企業に映っている魅力って少なくなると思うんですよね。

 

これは大企業だけでなく、ベンチャー、いわゆる中小企業でも然りです。とにかくより個人の主張が顕著になってくるのではないかと思います。

 

でもそうなることで雇用の需要と供給が合わなくなるのではないか、そういった議論も出てくると思いますが、そこも今はテクノロジーでカバーできる可能性も有ります。現在はAIとロボットが出てきています。徐々にこれらは人間の仕事を奪っていくでしょう。

 

そして私達人間に求められるのはより高度な仕事。人間でなければ出来ないことが求められるようになります。そして新卒に求められる能力もまた変わってくるでしょう。それがポテンシャルになるのか、欧米のような即戦力人材になるのか分かりませんが、ニーズが変わるのは明らかです。

 

しかしこれは単にベーシックインカムを導入することで世の中が悪くなると言っているわけではありません。むしろ私はいいことなのではないかと思います。自分の遣りたいことができるようになる人生はむしろ希望に溢れていると思います。

 

少しポイントがずれてしまいましたが、結論、若者の働き方は自由になる、そんな将来を予測しています。

 

 

またこういったものが導入されるとビジネスチャンスも生まれてきます。今のリクナビマイナビみたいな制度も壊れるんじゃないかと個人的には思っていたりもします。

 

torao97.hatenablog.com

 

新卒が入社して一番感じることってなんだろう

インターンとしての今の会社に入社してから約2ヶ月が終了しました。殆どの人が30代ということから、自分よりも10歳程年上の人が多いです。

 

そんな会社で働いて一番強く感じたこと、それは「考え方」が違いすぎると言うことです。

 

特に私が体育会系の志向がゼロのせいか、少しでも体育会系思考を出す人には全く近づきたいとも思いません。しかし、残念なことに私の直属上司がモロに体育会系なので1日に1回以上は確実に話さなくてはなりません。私に取っては非常に耐えが硬い拷問のような日々です。

 

そんな体育会系思考のうざい言動の一部を記載します。笑

①朝の出社後、第一声が「調子はどう??」(選択肢はベストと答える以外はありません)これを毎日繰り返してきます。

 

②我慢することが美徳だと感じている。具体的には、と聞かれるとぱっと出てこないんですがとにかく楽な方法を取らせようとしないんですよね。私としてはどれだけ楽をして生産性、利益率を最大化させていくことにしか興味がないのですが、昔の人は本当にくだらない考え方に固執しているなと感じました。

 

③マネージャーとかいう役職だけを肩書に大した仕事をしない。自分の仕事は売上を上げることだけだ、そう言い張り、一切アポどりをしようとしない。少数でやっているベンチャーにそんな切り分けを作ること自体が意味がわからない。しかもアポ同行して、売上を作るのが仕事と言っておきながらほとんど受注ができていない。

 

大きくこの3つが会社に入って疑問、又はストレスに感じているところです。業務内容に関しては年次がしたということもあり、責任の少ない、やりがいのあまり感じられないことが多いはしょうがなく、理解しているつもりでは有ります。ただそんな自分に仕事を任せるだけまかして、我先にと帰る上司は一体何なんでしょうか。

今、恐らく会社の中で代表を除けば私が1番、2番を争うほど仕事が多いです。洒落になりません。そろそろパンクします。法人営業では新規営業先の確保でノルマをつけられ、広告運用とアクセス解析も任せてもらいながらやっています。

若いうちは何がやりたいかわからないから色々やらせてもらえる会社に入ろうと思って今の会社に入りましたが、自分はここの会社あと長くても2年といったところで転職を考えています。

今後のキャリアとしては営業ではなく、マーケティングのプロとして進んでいきたいなとぼんやり考えています。

マンガかアニメに関するサービスを作りたい!から誰かエンジニアさん紹介してください笑

久々の投稿になってしまいました。。

 

今まで何本か就活に関する記事を書いていて、好きなように生きろとか就活がゴールじゃないとか色々書いていたんですが、結局自分が何やりたいのかってことが分からなくなってしまって、しばらくずっと考えていました。

 

心のなかで経営者になりたいけど自分には能力が足りない、だからとりあえず就職してスキルを磨くみたいなことを考えていました。

 

でもこれって逃げているなって感じたんですね。というよりもその考えじゃいつになっても始められないなって。

 

タップスの佐藤航陽さんとかWantedlyの仲さんとか、もちろんあの人達と自分が同じじゃないっていうのは分かっていますが、皆さん社会人の経験を多く積まれているのかというとそういうわけではないんですよね。

 

とにかく失敗してもいいから一歩踏み出して自分で何かをしてみたい、っていうのが今回のきっかけですね。

 

■サービスの理由

日本の誇るコンテンツで勝負していきたい

以前ブログで書いたかわからないのですが、僕はアニメとかニコ生とか、いわゆる世間一般的にオタクと言われるようなものがめちゃくちゃ好きなんですね。アニメで言えば特にエヴァとか。

 

で、こういったキュレーションメディアとかって既に流行っていると思うんですよ。同人誌まとめとか声優まとめとかも色々あって。

 

でも皆さんご存知の通り声優さんとか漫画家さんってほとんどの人がその道で食べていけないんですね。それで諦めて他の仕事をする。そういう人たちがかなり多くいます。

 

それでも諦められなくてマンガを書く人っていますよね。いわゆる趣味でマンガを書いているような人たちです。その人達の連載を取るとかは難しいと思うんですけど、世間の目に触れるようには出来ると思うんですよ。

 

今回考えているのはそんなサービスとかメディアを考えています。既にラインマンガとかコミコがあるじゃんって思う方がいるかもしれませんが、あれとは又違うようなものを今回は考えています。

 

あんまり細かいこと書くと長くなっちゃうので別の機会に書きたいと思います。

 

■どうやって作るのか

一番の問題はこれです。僕はマーケティングとかディレクション周りは少しは出来るのですが、技術面に関しては簡単なHTMLとCSSの知識しかないので、正直何も分からないに等しいです。

 

作成期間がどのくらいになるのかも検討もつかないレベルです。なので今回本格的に一緒に作業をして頂けるエンジニアさんを探しています。RubyかSwiftを使える方がお話しやすいのかなとは思います。

 

知り合いにエンジニアを紹介、もしくは自分がエンジニアだという人は是非一度コンタクトをとらせて頂きたいと思っています。

 

その他にもアニメや漫画がすきで本当に一緒にプロジェクトを進めていただけるような方がいたら是非一度お話させていただきたいです。

 

今回は起業ではなくサービスを作りたいだけなので、クラウドファンディングで挑戦してみたいと思っています。そのための広報などで今後は動いていきたいと思うので、皆さん是非はてブして頂けると助かります。

 

Twitterのアカウントとかも載せるので良かったらフォローして下さい!!

よろしくお願いします!

twitter.com

将来やりたいことが分からない

8月に入って、甲子園が始まりましたね。私も小学生の頃から高校まで12年間野球をずっとやっていました。小さいころに見た甲子園がかっこ良くて、憧れて、そこに出るまでのハードルなんかも知らずに「ここに出たい!」って思ったのがきっかけでした。

 

正直始めたあとはなんで始めたかなんて全く思い出そうともしなかったです。ただ野球が好きで目の前のことに対して努力をして結果を出す。チームでの練習が終われば、次は個人で練習して、みんな口には出さないけど同じ様に家に帰ってから練習してる人がほとんどだったと思います。

 

終わってみれば甲子園なんて届きそうにもない、そんな結果でした。でも正直それは中学の時点で甲子園なんて夢のまた夢だ、そう感じていました。でもそんな夢に向かってとにかく努力をし続ける。多分、多くの人がそんな学生時代を過ごしているのではないかと思います。

 

さて、話は変わって、将来の夢が語れない若者って最近多いですよね。なぜ語れないのか?私は固定概念がついてしまっているからだと思います。就職するまでに誰もが紆余曲折なりながらも生活している。

 

そんな中で出来上がった常識の範囲内の中で物事を考えてしまう。昔小さいころに思い描いてた夢の、今考えると底抜けに浅はかであった夢を絶対にかなわないものだと思ってしまっている。

 

それはもちろん時間軸で考えた時に無理な夢はあります。例えば私が今甲子園に出場したいといってもあの熱量を感じながら野球を出来る場所は、もうありません。そんな時間軸での、その過去の時点でしか味わえない独特の雰囲気がある、というものは抜きにして語りましょう。

 

いま、皆さんが将来の夢を考える時ってどうやって考えますか。大抵の人は恐らく現時点での自分の能力を基準に可能か不可能かの判断を一度挟んでから考えています。ここが、問題なのです。

 

なぜ昔はただ憧れていたものを目指すのに努力することが出来たのに、大人になると現実的に不可能だと思いやめてしまうのか。将来の夢ってそんなものじゃないですか。実現できるかわからない、でもそれを実現するために必要なスキルや実績をつけるためにするのが就職じゃないんですか。

 

それを安定や会社名で判断して毎日つまんない人生を送る。私には何が楽しいのかわかりません。もちろん、一般的な家庭を築くのが将来の夢であれば正しい選択だと思いますが、全員が全員そういうわけではないと思います。

 

例えば、芸能人と結婚することが将来の夢、だとしている人がいるとします。だとすれば芸能人と結婚するためにはどんなマップが描けるか。幾つか選択肢があると思います。自分が芸能人、もしくは有名人になる、芸能人が集まるところに行けるような金持ちになる、事務所の社員になる、例えばこの3つがあったとします

 

仮にこの中から金持ちになるという選択肢を選んだ場合、とりあえず起業が近道だろうと、では起業するためにはどんな力が必要か、そんなことを考えながら自分で起業する分野や今後の伸びそうな分野を決めていく。

 

そして決めた分野で入りたい会社に入るために将来の夢を無理矢理でも作る。ここでいいう将来の夢とは、あくまで会社に入るために口にする夢であって、実現させたい夢ではありません。

 

そんなことでいいのか、という人がいるかもしれませんが、では芸能人と結婚するために将来起業して金持ちになりたい、そのために必要なスキルが身につくと思ったので入社させてください、間違ってもそんなことを言って入社させてくれる会社はないでしょう。

 

じゃあその会社に入ることが通過点だとすれば、嘘をついてでもなんでもその会社に入るのが自分のためです。どんな嘘をついて入社するかは自分の頭で考えてみてください。

 

結局世の中の構造なんてこんなものです。皆さんが将来の夢がないと騒いでいる一方、ホントに夢みたいなことを掲げながら、そのためにキャリアマップを作り上げている人もいます。

 

私もその一人です。所詮就職なんて人生の一つの通過点でしかありません。将来の夢も現時点で何が出来るかなんて関係ありません。何も出来ないのが普通で、何かできるようになるためにするのが「就職」です。

 

そんなことをふと、甲子園を見ながら考えていた日曜の正午です。。